お悩み研究所

悩みをかかえている人の解決を手助けするブログです。

二重まぶた埋没法のメリット

二重まぶたにするための整形手術は、埋没法が出る前まではメスでまぶたを切開し、脂肪を取り出して縫い合わせる切開法が主流となっていました。埋没法を使っての手術は、手術時間も短く術後の回復が早いので、軽い気持ちで受けることができます。また、跡もほとんど残りません。短いところでは数分で終わるので、お昼休みの短い時間で済ませることもできるほどです。埋没法の内容も何通りかありますが、最新の方法では糸が皮膚の中に完全に埋まって全く見えません。筋肉とまぶたを、ごくわずかだけくっつけるというものです。手術をする皮膚の部分は血管が多く、また、粘膜はとてもデリケートな部位です。最新の二重まぶた埋没法では筋肉と皮膚の一部のみを結ぶので、目にかかる負担を軽くすることができます。手術をする部位はまぶたとその筋肉なので、眼球にキズがつく等の危険も避けることができます。短時間のごく軽い手術なので、施術の次の日から普段と変わりなく通勤や通学が可能です。手術を受けた次の日からお化粧や洗顔などのお肌の手入れ、アイメイクも可能ですし、手術後の通院は必要ではありません。二重まぶた埋没法なら、知人や身近な人に気づかれないままにちょっとしたスケジュールの調整で手術を受けることができます。元に戻す場合は二重まぶたのライン部分に極小の穴を開けて糸を取り出すので、ほとんど腫れずに数日で目立たなくなり、きれいに塞がります。ラインを変更したい場合は、抜糸をした後に再び二重まぶた埋没法の手術を行い、新しいラインを作ることができます。