お悩み研究所

悩みをかかえている人の解決を手助けするブログです。

脇の多汗症手術にはボトックス注射

程度が重い時は、手術をすることで脇の多汗症を治療するという方法もあります。ボトックスという薬剤を脇の下に注射する手術では、一定期間発汗を抑えて多汗症の対策ができます。本当に脇の多汗症手術をする必要があるのか。多汗症の内容とボトックス注射の及ぼす影響との関係をよく把握した上で、自分の症状に照らし合わせて十分なカウンセリングを受けましょう。ボトックス注射は、多汗症手術で脇の汗を防ぐ方法の一つです。発汗を促す交感神経の働きをブロックするために、ボトックス注射によって筋肉や神経からの信号を抑えます。施術時間は20分弱で、汗の出やすい数カ所にボトックスを注射します。極細の注射針を使うので、術後の痛みはほとんどありません。また、切開しないので痕は残りませんし、短時間で済ませることができる点がボトックス治療の長所です。ボトックス注射による脇の多汗症手術にもデメリットはあります。効果持続期間は数ヶ月から長くて1年ほど、多汗症が完治するわけではないということがボトックス注射のデメリットです。ボトックス注射で注入するボツリヌス菌という医薬品は世界でも厳しいといわれているアメリカの安全基準でも認められているため安全性が高いのも特徴です。自分自身の多汗症の程度や内容を見極めて、ボトックス注射による脇の多汗症の治療をするべきかどうかを決めましょう。