お悩み研究所

悩みをかかえている人の解決を手助けするブログです。

ボトックス注射のボツリヌス菌は大丈夫か

最近は、美容整形にボトックス注射を用いるエステやサロンが増えています。ボトックスはボツリヌス菌を原料に作る薬品です。ボツリヌス菌は毒素を産出する嫌気性桿菌で、有害な菌として有名ですから、不安を感じる人もいるかもしれません。食中毒の原因になる菌としてボツリヌス菌の存在は広く知られています。このボツリヌス菌を製剤化したものが美容整形に使われるボトックスです。ボトックスは美容整形だけでなく、医薬品としても顔面麻痺やけいれん治療に使われています。皮膚に注入するボトックスですから、危険が少なく安全と認められていなければなりません。つまり、ボツリヌス菌の有害な成分はボトックスには含まれていません。ボツリヌス菌毒素から作られたボトックスですが、危険性はないわけです。食べ物にボツリヌス菌は混入していた場合、食べてしまった人は食中毒を引き起こします。ボツリヌス菌の中毒を予防するには、十分な加熱処理が必要です。ボツリヌス菌は熱に弱い菌なので、加熱した食品の中には存在しません。ボツリヌス菌生物兵器への研究が危惧されるほど毒素が強い菌であり、少しでも体内に取り込まれると死に至らしめます。ボツリヌス菌は私たち人間の食生活にとっては危険なものです。とはいえ、ボトックスはボツリヌス菌とは全く違うものであり、その性質も用途も別物といえるでしょう。ボトックスは、筋肉を麻痺させるという特長がある美容成分です。

ボトックス注射で小顔になる

ボトックス注射で小顔になれる、という公告を出している美容外科やエステを目にすることがあります。美容外科やエステで使うボトックスとはどのようなものでしょう。ボトックスと小顔との関係はどのようなものでしょう。ボトックスとは、筋肉に信号を送る神経を遮断して筋肉の働きを麻痺させる薬品で、元々はけいれんや顔面麻痺の治療に用いられています。A型ボツリヌス菌毒素製剤ともいいます。顔の筋肉を麻痺させることで、その部分の筋肉が細くなって小顔になることが目的です。筋肉を痩せさせるために、エラの部分にボトックスを注入して一定期間麻痺させるわけです。ボトックスは小顔対策だけでなく、顔のシワを消すこともできます。シワを作る筋肉を麻痺させるというものです。筋肉の動きを止めたい場所に数カ所注射をするだけなので、短時間で済み入浴や洗顔も可能という簡単さから、人気のある方法です。ただし、ボトックス注射を受けたために表情が硬くなり印象が変わってしまったり、痛みや内出血を伴うこともあります。副作用や後遺症もありえるため、事前の確認がとても重要です。一定期間が過ぎると筋肉を麻痺させる効果はなくなるので、ボトックス注射は継続して続ける必要があります。財政事情とも相談して決めましょう。小顔を目指している方は、顔のエクササイズやマッサージなど自分で出来ることから始めてみても遅くないのではないでしょうか。簡単に小顔になれるボトックス注射でも、始める前にはメリットとデメリットをよく知ることが大切です。

小顔にならない理由

いくら頑張っても小顔に見せることができない人がいます。疲労や不摂生などで脂肪や水分が溜まると、顔はむくんで見えます。むくんだ部分はたるみやすくなります。筋肉で引っ張っていても重力は下向きですから、目元や口元が下がっていきます。小顔になりたいと思っている女性は多いと思います。小さく引き締まった顔つきでいたい、老けてみられたくないという願いは共通のものです。小顔でありさえすればいいということはありませんが、体も顔もキュッと引き締まっている方がキレイです。いつまでもきれいでいたいという思いは、女性なら誰でも抱くのではないでしょうか。人によって美の追究の仕方は様々です。整形手術を試す人もいますし、エステやサプリメントに頼る人もいます。メイクや髪型に凝ることは基本といえるでしょう。顔立ちから暗い印象を与える原因は、むくみやたるみから顔全体がはれぼったくなっているせいかもしれません。顔の骨格や顎の形などで、顔立ちが大きく見えやすい人もいないわけではありません。それでも、顔の血流を改善して余分な水分や脂肪を落とし、たるみを改善することはできます。小顔になりたい、若々しくなりたいならば、目標に向かって楽しく努力することが大事です。規則正しい生活やバランスの取れた食生活、健康的なエクササイズに励みましょう。

脇の多汗症手術にはボトックス注射

程度が重い時は、手術をすることで脇の多汗症を治療するという方法もあります。ボトックスという薬剤を脇の下に注射する手術では、一定期間発汗を抑えて多汗症の対策ができます。本当に脇の多汗症手術をする必要があるのか。多汗症の内容とボトックス注射の及ぼす影響との関係をよく把握した上で、自分の症状に照らし合わせて十分なカウンセリングを受けましょう。ボトックス注射は、多汗症手術で脇の汗を防ぐ方法の一つです。発汗を促す交感神経の働きをブロックするために、ボトックス注射によって筋肉や神経からの信号を抑えます。施術時間は20分弱で、汗の出やすい数カ所にボトックスを注射します。極細の注射針を使うので、術後の痛みはほとんどありません。また、切開しないので痕は残りませんし、短時間で済ませることができる点がボトックス治療の長所です。ボトックス注射による脇の多汗症手術にもデメリットはあります。効果持続期間は数ヶ月から長くて1年ほど、多汗症が完治するわけではないということがボトックス注射のデメリットです。ボトックス注射で注入するボツリヌス菌という医薬品は世界でも厳しいといわれているアメリカの安全基準でも認められているため安全性が高いのも特徴です。自分自身の多汗症の程度や内容を見極めて、ボトックス注射による脇の多汗症の治療をするべきかどうかを決めましょう。

脇の多汗症対策について

脇の多汗症の対策を考えてみましょう。まず、不安感や緊張を解きほぐし、リラックスを心がけましょう。精神性発汗での多汗症は、マインドコントロールが大事です。物事をいつまでも気にせず、フラストレーションは発散させましょう。食べ物も多汗症には関わっています。汗をかきやすい食べ物は、辛いものや熱いものなどの刺激物、動物性脂肪の多い肉類などです。動物性タンパク質は、皮脂腺からの皮脂の分泌も促すため、脇の下の汗の原因だけでなくワキガの原因にもなります。臭いを抑えるデオドラント効果のある制汗剤を使って発汗を減らすことも、多汗症対策には効果があります。脇に汗をかくと肌表面の雑菌が分解されてニオイが発生しますが、このニオイを防いでくれるのが制汗剤です。制汗剤は使用しすぎると菌が減少しすぎて逆に増殖し、脇に肌荒れなどがおこる場合があるので注意が必用です。汗をかいたままにしておかないことも、多汗症対策には有効です。洗い流すことができれば一番いいのですが、無理な場合はタオルや汗取りシートで汗をこまめに拭き取ります。通気性の良い素材を選んだり、肌の上には吸水性の良いシャツを着て汗じみが目立たないようにすることで精神的にも安心できて、汗をかかない対策になります。日常の生活の中で、脇の下に汗をかいても気にならないようにすることが大切です。多汗症の原因や症状は人によって少しずつ違うので、自分に合う対策を立ててください。

脇の多汗症になる原因

多汗症のメカニズムを知っている人は、それほど多くはないようです。強いストレスや緊張状態が続いた時の汗を精神性発汗といいますが、これは脇の多汗症の原因の一つに数えられます。この精神性発汗は誰にもおこりうることであり、過剰に発汗症状が現れるのが局所性多汗症と呼ばれ、これが脇の多汗症なのです。人間は不安を感じたりすると自分では制御することのできない交感神経の働きが強くなり、汗腺の動きが活発になり汗をかきやすくなるのです。また、細かなことを気にしやすい人や、性格が優しい人、完全主義の人などは精神的発汗が起こりやすいようです。脇の多汗症になる原因には、ホルモンバランスの崩れによる場合もあります。自律神経は汗腺を司っていますが、ホルモンの影響を大きく受けている部分といえます。体温調整機能の乱れにより脇の多汗症がひどくなった場合、原因はホルモン失調からくる自律神経の乱れであることもあります。脇の多汗症の原因としてホルモンバランスの乱れが考えられた場合、ホルモンバランスは更年期障害などの女性ホルモン減少によって乱れているのかもしれません。食生活が原因で多汗症になる場合もありますので、たばこや辛いもの、コーヒーが好きな人は要注意です。交感神経は活動が活発になると体内の汗腺を刺激し発汗を促しますが、緊張や不安だけでなく、ニコチンやカフェインなどの刺激物も交感神経を刺激する作用があります。これらの脇の多汗症になる原因が分かれば対処がしやすくなるでしょう。

脇の多汗症になる原因

多汗症のメカニズムを知っている人は、それほど多くはないようです。強いストレスや緊張状態が続いた時の汗を精神性発汗といいますが、これは脇の多汗症の原因の一つに数えられます。この精神性発汗は誰にもおこりうることであり、過剰に発汗症状が現れるのが局所性多汗症と呼ばれ、これが脇の多汗症なのです。人間は不安を感じたりすると自分では制御することのできない交感神経の働きが強くなり、汗腺の動きが活発になり汗をかきやすくなるのです。また、細かなことを気にしやすい人や、性格が優しい人、完全主義の人などは精神的発汗が起こりやすいようです。脇の多汗症になる原因には、ホルモンバランスの崩れによる場合もあります。自律神経は汗腺を司っていますが、ホルモンの影響を大きく受けている部分といえます。体温調整機能の乱れにより脇の多汗症がひどくなった場合、原因はホルモン失調からくる自律神経の乱れであることもあります。脇の多汗症の原因としてホルモンバランスの乱れが考えられた場合、ホルモンバランスは更年期障害などの女性ホルモン減少によって乱れているのかもしれません。食生活が原因で多汗症になる場合もありますので、たばこや辛いもの、コーヒーが好きな人は要注意です。交感神経は活動が活発になると体内の汗腺を刺激し発汗を促しますが、緊張や不安だけでなく、ニコチンやカフェインなどの刺激物も交感神経を刺激する作用があります。これらの脇の多汗症になる原因が分かれば対処がしやすくなるでしょう。