読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お悩み研究所

悩みをかかえている人の解決を手助けするブログです。

男性用の脱毛剤

男性用の脱毛剤とうものもあり、相当な数が売れているといわれています。女性だけが脱毛剤を使うというイメージがあるのですが、最近では脱毛剤も男性用のものが多く流通しています。濃い髭や胸毛、すね毛にも対応できるように男性用の脱毛剤は工夫されており、女性用に比べて、脱毛成分が特に多く含まれています。発毛サイクルの早い人、剃り跡が青くなって目立ってしまう人、シェーバーで朝に剃っても夕方に生えてくる様な人には、男性用の脱毛剤の利用は向いているでしょう。ひげ剃り後に塗るだけのタイプの手軽に使える脱毛剤もあります。男性は一気に濃い体毛を減らすことは難しいかもしれません。抑毛剤を併用しながら、カミソリなどによるひげ剃りと脱毛剤を使って気長に取り組んでいくタイプのものが良いかもしれません。毎日の習慣として、ヒゲを剃った後でぬるま湯で洗顔し、その後抑毛ローションなどの脱毛剤を使うようにします。これにより少しずつ毛を減らしていくことができるのです。今は男性用の脱毛剤がよく売れています。そうはいっても男性はある程度の毛があることが自然ですから、すね毛などは抜きすぎないように注意することが重要です。スキンケアは、女性だけでなく男性でも必要なものです。脱毛剤などできちんと手入れをして、健康的な肌を保ちましょう。それが自分の自信に繋がり、思いもかけない効果があるかも知れないからです。

脱毛ワックスと脱毛テープ

脱毛剤の一種である脱毛ワックスは、ワックスについたムダ毛を抜き取るタイプの脱毛剤です。ワックスを暖めてから脱毛したい部位に塗り、しばらく放置して毛ごと固まったら一気に剥がします。足や腕などの広い範囲の毛を一度に抜き取ることができ、脱毛クリームと違って毛根から抜くことができるのが特徴です。長さが2ミリぐらいある毛や、しっかり生えている毛を一度に脱毛してしまいたい人に向いているのがこの脱毛ワックスです。脱毛ワックスを使った場合、しばらくするとまた毛が生えてきます。何故なら毛根部まで抜いたわけではないからです。皮膚の再生が早い人の場合、埋没毛になることや、肌表面が鳥肌状になることもあります。感覚には個人差がありますが、脱毛テープを使用する際は、脱毛テープを剥がすと強い痛みを伴うことがあります。けれど慣れてくれば、その痛みはほとんど感じないようになるかもしれません。人によってはいつまでも慣れることのない痛みであることも脱毛テープの場合はあるようです。脱毛テープを使用した後、毛抜きを使った時のように肌が赤くなることもあります。皮膚を傷つけてしまうことが剥がす時にあるかもしれません。そうするとかぶれたり、腫れたりする可能性もあります。いろいろな種類の脱毛剤がありますが、脱毛ワックスの中には薬品を全く使わないものも販売されています。脱毛の際に薬品かぶれを起こしてしまう人、肌の弱い人は、こちらをまず使ってみるといいでしょう。

脱毛クリームは人気のある脱毛剤

薬局などで出回っている脱毛剤のうち、人気があって売られている数が多いものが脱毛クリームです。手軽に安価に購入できる脱毛クリームは、痛みがないので、軽い気持ちで試すことができる脱毛剤です。アルカリ性の脱毛クリームは、市販のものだと特殊な化学反応により毛を溶かすことで、脱毛処理をするものです。脱毛剤がクリーム状になっているのでそれを皮膚に塗ってしばらく放置します。その後で洗い流すか、ふき取るなどして利用します。脱毛するときに、皮膚から露出している毛を溶かしてしまうのが特長といえるでしょう。脱毛クリームはある意味では脱毛剤ではなく除毛剤の部類に入ります。なぜなら毛根までは処理できないからです。しかし少ないですが、完全脱毛クリームという毛根まで溶かすタイプの商品も売られているようです。脱毛クリームを使用して溶かした毛は溶け切れて、色々な方向を向いた状態になっています。この場合、注意が必要です。皮膚から出てこないまま伸びる埋没毛になってしまう等の危険性があるからです。脱毛クリームは、毛だけを溶かすものです。そうはいっても皮膚にもかなり負担がかかります。肌の弱い人、敏感肌の人は気をつけなければなりません。かぶれや炎症を引き起こす危険性があるからです。脱毛剤を初めて使用する際は、自分の肌質に合うかどうか、まず目立たない部分で脱毛剤をテストをしてみてから使いはじめましょう。

脱毛剤の目的と種類

ムダ毛を毛根から抜き取ることを目的としているのが、脱毛剤という薬品です。正確には毛根から抜かずに皮膚から出ている部分の毛のみを剃ることは除毛といいます。脱毛剤を指す時は、一般に除毛剤も含まれていることが多いようです。自宅で気軽に試みることができるのが、脱毛剤による脱毛です。自宅で行う脱毛は、医療機関やエステサロンでの脱毛よりずっと安あがりですので、とても人気があるようです。脱毛剤による脱毛は肌の表面を痛めやすいので、肌荒れ、かぶれなどに十分注意する必要があります。脱毛剤には様々な種類があり、脱毛クリームや脱毛テープ、脱毛ジェル、脱毛ワックスなどがあります。それぞれの脱毛剤の種類によって特徴があります。それを把握しておいてから利用する必要があるでしょう。自分に合う脱毛剤を選択する場合は、よくそれを理解した上で選ぶようにしましょう。また脱毛剤を使用する際は、はじめに肌の状態を目立たない部分で確認してから使うようにしましょう。人目に触れる部分にするのが、肌の脱毛です。くれぐれも気をつけて、脱毛剤の使用時には失敗しないようにしたいですね。

二重まぶた埋没法のデメリットと気をつけるべきこと

二重まぶた手術のひとつである埋没法は、手軽で安全にできま。けれど全くデメリットがないというわけではないので注意が必要です。しかし事前に二重まぶた埋没法のデメリットを把握し、対策を考えておくことでリスクを軽減することができます。まずは手術を受けるクリニックがどういう施術方法を使うのかをしっかり確認しておくことが大切です。最新の研究で新しい二重まぶた埋没法の技術も生み出されているからです。二重まぶた埋没法は手軽ですが、その分の限界もあります。基本的には、二重まぶた埋没法の場合、まぶたの奥の部分に脂肪が少なく、二重が作りやすい人に向いています。その反面腫れぼったいまぶたの人やまぶたの厚い人はうまく二重にならないことがあるようです。ただしクリニックによってできるところ、できないところがありますので、一カ所で不可能と言われたからといってすぐに諦めることはありません。二重まぶた埋没法のメリットとして、術後の腫れがほとんどないということがありますが、誰でも腫れないというわけではありません。その人によっては手術の後数日の間は、まぶたが腫れることがあるかもしれません。また、術後に軽い異物感を感じるかもしれません。それは糸を埋め込むことが原因です。デメリットとしては、二重まぶた埋没法は元の状態に戻りやすいということがあげられます。最近は元に戻らないようにいろいろと工夫されていますが、完全な保証はありませんので気をつけましょう。事前に確認しておくことして重要なことは、元に戻ってしまった時にやり直しの手術ができるかどうか、そしてその際の料金はどうなるかということではないでしょうか。

二重まぶた埋没法のメリット

二重まぶたにするための整形手術は、埋没法が出る前まではメスでまぶたを切開し、脂肪を取り出して縫い合わせる切開法が主流となっていました。埋没法を使っての手術は、手術時間も短く術後の回復が早いので、軽い気持ちで受けることができます。また、跡もほとんど残りません。短いところでは数分で終わるので、お昼休みの短い時間で済ませることもできるほどです。埋没法の内容も何通りかありますが、最新の方法では糸が皮膚の中に完全に埋まって全く見えません。筋肉とまぶたを、ごくわずかだけくっつけるというものです。手術をする皮膚の部分は血管が多く、また、粘膜はとてもデリケートな部位です。最新の二重まぶた埋没法では筋肉と皮膚の一部のみを結ぶので、目にかかる負担を軽くすることができます。手術をする部位はまぶたとその筋肉なので、眼球にキズがつく等の危険も避けることができます。短時間のごく軽い手術なので、施術の次の日から普段と変わりなく通勤や通学が可能です。手術を受けた次の日からお化粧や洗顔などのお肌の手入れ、アイメイクも可能ですし、手術後の通院は必要ではありません。二重まぶた埋没法なら、知人や身近な人に気づかれないままにちょっとしたスケジュールの調整で手術を受けることができます。元に戻す場合は二重まぶたのライン部分に極小の穴を開けて糸を取り出すので、ほとんど腫れずに数日で目立たなくなり、きれいに塞がります。ラインを変更したい場合は、抜糸をした後に再び二重まぶた埋没法の手術を行い、新しいラインを作ることができます。

二重まぶた埋没法とは

二重まぶたを作る手術は、以前の主流は切開法でした。これは一重の原因となっているまぶたの下層の脂肪を切開して取り出す方法が主です。現在では、メスを使わず元に戻すことのできる、埋没法という方法が二重まぶた手術の主流です。まぶたが顔に占める割合はごくわずかですが、一重まぶたと二重まぶたは、印象の変化が驚くほどに違います。一重まぶたを二重まぶたに変えたことが自信につながり、社交的になれたという人もいます。まぶたの基本動作は、まぶたを引き上げる筋肉の働きによって行われます。この筋肉が一部枝分かれをして皮膚と接合していると、二重まぶたになります。二重まぶたには二種類あります。日本人に多いのは目尻に行くにしたがって徐々に広がる末広型で、控えめな印象になります。世界的に多い形は平行型の二重まぶたで、くっきりとした、より華やかな印象を見る人に与えます。二重まぶた埋没法とはメスを使わない美容整形で、まぶたの皮膚の下とまぶたの筋肉を糸で数カ所を留めることで眼瞼挙筋と皮膚をつなげ、目を開けた時に二重のラインを作ります。二重まぶた埋没法の糸は医療用で体内に吸収されません。糸で留める箇所が多いほどクッキリとした二重まぶたになります。この方法では、どのポイントに糸を通すかで、二重のラインを好きな形に調整できます。イメージ通りの二重まぶたをカウンセリング時に希望しておけば、思った通りの二重まぶたになることができます。二重といっても末広型や並行型などの種類がありますし、個性や好みもありますから、自分に合うものを選びたいものです。